オクラの栽培方法

2012.07.13(07:25)
オクラの栽培方法を簡単に解説しました。
おくら



関東周辺の栽培カレンダー

オクラの栽培カレンダー

基本
  オクラは高温性であり暑さには強いのですが、寒さ、低温には弱く
  10℃以下の気温ではほとんど生育しません。
  アオイ科の植物で花がとても綺麗です。

育て方
 ①苗の選び方
  良く発芽し、直播でも問題なく育てられるので種からでもよいでしょう。
  苗は丈夫なものを選び、本葉が3~4枚になったら、1本ずつ植えていく。
 ②プランター(畑)準備と定植
  初心者なら、市販の培養土(肥料入り)が簡単でオススメです。
  購入する前に育てる野菜に適しているか店員さんに確認しましょう。
  プランターに鉢底石を敷き土を少し入れ、その中に苗を置き、
  回りに土を入れていきます。土は容器いっぱいに入れず、
  8~9分目くらいにしましょう。並べて植える場合は、
  30cm~50cm間隔にします。
  オクラは浅植えして、支柱をたてておきます(倒れるのを防止)。
 ③仕立て方
  サヤ(実)より下にある葉を欠きとることが大切です。
 ④追肥と水遣り
  花が咲き始める頃から収穫が終わるまで、月に2度追肥をする。
  乾燥しやすい場所では水やりを欠かさず行う。
  梅雨明け前には地温上昇と乾燥を防ぐために敷きわらかマルチを
  敷きましょう。
  追肥は1番果の収穫時から、だいたい15日~20日ごとを目安に施す。
 ⑤主な害虫
  アブラムシ類、ワタノメイガ類
 ⑥収穫
  開花後7~10日くらいで収穫できる。長さ6~8cmくらいの幼果を収穫する。
  収穫はハサミで行い、かぶれ防止のため手袋をしましょう。
  実は大きくなりすぎると硬くなる。
  ※収穫した実の下1~2枚の葉を残して、下の葉を全て摘み取る。

ポイント
  生育期間が長いので、肥料切れしないようこまめに追肥を施しましょう。
  強い光が必要なので、日焼けさせる気持ちでしっかりと行ないましょう。

注意点
  ・2~3年連作をしない。
  (トマト・ピーマン・ナスを栽培した後にも作らないようにする。)
  ・低温にあてると生育が悪くなるので気温が上昇してから定植する。
  ・害虫は、早めに駆除する。

栄養
  ネバネバには、ペクチン、ムチンなどがある。ペクチンは、血糖値の上昇を
  抑え、整腸作用もあり、便秘を改善したり糖尿病予防に効果があるようです。
  ムチンは、コレステロールの吸収を抑えてくれたり、たんぱく質の吸収を
  助けてくれます。
  ネバネバは胃も守ってくれますので、お酒を飲む前に食べるといいと
  思います。



 家庭菜園 コンさんが使っている菜園道具や用品はこれです!


 家庭菜園 ブログランキングに参加しています。
    ポチッとクリック投票お願いします♪
    あなたの一票が励みになってます。
    いつも応援ありがとうございます!!
    FC2BLOGランキング 人気blogランキング JRANKランキング にほんブログ村 花ブログへ

家庭菜園


家庭菜園
カテゴリー : 野菜の栽培方法 | コメント(-) | Page Top↑
| トップページへ |
ブログランキング

ブログランキングに参加中
応援クリックをお願いします

FC2BLOGランキング 人気blogランキングにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

メニュー
プロフィール

コンさん

Author:コンさん
家庭菜園歴:9年

東京都新宿区のベランダで
少量多品目の野菜を栽培中

無農薬にこだわってます!

2012年7月
「美味安全野菜栽培士」の
資格を取得しました。

家庭菜園