発芽から定植までの作業

2012.07.13(07:07)
発芽から定植(植え付け)までの作業を解説しました。




mark_001.gif 1回目の間引き
    よい株を育てるため、生育が悪い苗や病害虫の被害のある苗等を
    取り除く作業が「間引き」です。本葉が出る前後に行う作業です。

    【ばらまき】
    子葉が出そろった時に、こみ合ったところを間引きます。
    間引き後、中耕して土寄せします。

    【条(すじ)まき】
    条まきも子葉が出そろった時に間引きして土を寄せておきます。

    【点まき】
    点まきした場合は株間に余裕があるので、本葉が出たら間引きます。

mark_001.gif 苗の定植(植え付け)
    収穫する場所に植えることを「定植」「植え付け」といいます。
    株間や条間(野菜と野菜の間)は育てる野菜によって異なります。

    ①移植ゴテ(スコップ)苗の根鉢が入るくらいの穴を掘る。
    ②植え穴いっぱいに水を入れる。
    ③育苗ポットの底を軽く押して苗を取り出す。
    ④植え穴の水が引いたら植えて、隙間を埋めるように軽く押さえて
     なじませる。
    ⑤仮支柱を立てて、ヒモ等で苗が倒れないよう結ぶ。
    ⑥全ての植え付け作業が終わったら、全体にやさしく水やりします。

mark_001.gif 支柱のとめ方(仮支柱)
    苗が土に新しく根を出すまでは、風などで倒れたりしないように
    仮支柱を立てます。
    一般的なヒモの結び方は、8の字結びです。

    ☆やわらかい苗の場合
    ①支柱にヒモを1重に巻き、ずれないようにきつく結ぶ。
    ②葉のほうは、余裕をもたせるため大きな輪をつくり結ぶ。



 家庭菜園 コンさんが使っている菜園道具や用品はこれです!


 家庭菜園 ブログランキングに参加しています。
    ポチッとクリック投票お願いします♪
    あなたの一票が励みになってます。
    いつも応援ありがとうございます!!
    FC2BLOGランキング 人気blogランキング JRANKランキング にほんブログ村 花ブログへ

家庭菜園


家庭菜園
カテゴリー : 野菜づくりの基本 | コメント(-) | Page Top↑
| トップページへ |
ブログランキング

ブログランキングに参加中
応援クリックをお願いします

FC2BLOGランキング 人気blogランキングにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

メニュー
プロフィール

コンさん

Author:コンさん
家庭菜園歴:9年

東京都新宿区のベランダで
少量多品目の野菜を栽培中

無農薬にこだわってます!

2012年7月
「美味安全野菜栽培士」の
資格を取得しました。

家庭菜園