菜園用語辞典 ★さ行

2012.07.13(07:16)
さ~そ



用語
読み方
解説
サビ病
さびびょう
サビによる植物の病気のこと。葉や茎にイボ状の斑点が生じ、白・黄褐色の粉を飛ばして葉を枯らしてしまう。
直まき
じかまき
コンテナや畑に移植をせずに直接タネをまくこと。移植を嫌う植物を栽培する時に用いる。
敷きわら
しきわら
稲ワラや麦ワラを乾燥させたものを、植物の乾燥・地温の上昇防止・水のはね返り・泥の付着防止などのために、株元に敷きつめること。
支柱
しちゅう
植物を倒れないようにさせたり、枝やつるを誘引するための棒のこと。
子房
しぼう
雌しべの花柱の付け根のふくらんだ部分のこと。受精後、実や種になる。
子葉
しよう
発芽後、最初に出る葉のこと。
主根
しゅこん
タネから最初に出る根のこと。
宿根草
しゅっこんそう
多年草のうち、地上部の葉や茎が枯れても地下部の根株は生きていて、翌年も地下茎から芽を出して生長する植物のこと。
条間
じょうかん
2列以上植え付けられた作物の列と列の間隔のこと。
消石灰
しょうせっかい
生石灰に水を加えて化合させた水酸化カルシウムのこと。
除草
じょそう
雑草を抜き取ること。
尻腐病
しりぐされびょう
果実の下部が黒くなってへこむ、カルシウム欠乏による生理障害のこと。病気ではない。
条まき
すじまき
浅いまき溝を作り、溝にタネを一列にまく方法のこと。
水耕栽培
すいこうさいばい
植物の栽培に必要な栄養分を溶かした培養液を使って栽培する方法のこと。
整枝
せいし
不要な茎、枝やツル等を切り落として、株全体の形を整えること。
生長点
せいちょうてん
茎や枝の先端部分のこと。(芯)
せつ
茎や枝で、枝や葉や花(芽)が出る部分のこと。
節間
せっかん
葉や枝の付け根から、その上の葉や枝の付け根までの部分のこと。
施肥
せひ
土に肥料を与えること。
剪定
せんてい
こみあっている枝や不要な枝を切り落とし、形を整えること。
側枝
そくし
わき枝のこと。
茎から出て葉をつける部分。
側根
そっこん
主根から出る根のこと。


他の用語を探す
 ★あ行 | ★か行 | ★さ行 | ★た行 | ★な行 
 ★は行 | ★ま行 | ★や行 | ★ら行 | ★わ行 




 家庭菜園 コンさんが使っている菜園道具や用品はこれです!


 家庭菜園 ブログランキングに参加しています。
    ポチッとクリック投票お願いします♪
    あなたの一票が励みになってます。
    いつも応援ありがとうございます!!
    FC2BLOGランキング 人気blogランキング JRANKランキング にほんブログ村 花ブログへ

家庭菜園


家庭菜園
カテゴリー : 家庭菜園用語 | コメント(-) | Page Top↑
| トップページへ |
ブログランキング

ブログランキングに参加中
応援クリックをお願いします

FC2BLOGランキング 人気blogランキングにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

メニュー
プロフィール

コンさん

Author:コンさん
家庭菜園歴:9年

東京都新宿区のベランダで
少量多品目の野菜を栽培中

無農薬にこだわってます!

2012年7月
「美味安全野菜栽培士」の
資格を取得しました。

家庭菜園