菜園用語辞典 ★た行

2012.07.13(07:17)
た~と



用語
読み方
解説
堆肥
たいひ
もみ殻、落ち葉、生ゴミ、米ぬか、わら等の有機物を積み重ね、発酵・熟成させた有機肥料のこと。
多年草
たねんそう
何年も生育し続ける植物のこと。
炭疽病
たんそびょう
葉に円形の黄色の斑点が出来て、その部分から枯れてくる病気のこと。
チッソ
ちっそ
肥料の三大要素の1つです。
葉・茎・根を伸ばします。
中耕
ちゅうこう
雨・水やりなどで表面が固まった土を浅く耕し、透水性・通気性をよくすること。
頂芽
ちょうが
枝や茎の先端にある芽のこと。
直根
ちょっこん
茎と反対に真下へ伸びる根のこと。
鎮圧
ちんあつ
種まき後、土をかけた後に上から土を押さえてタネと土を密着させること。
追肥
ついひ
植物の生長途中に施す肥料のこと。
接ぎ木
つぎき
植物の枝や茎を切り取り、根のついた別の植物につなぎ合わせて増やす方法のこと。
土寄せ
つちよせ
周囲の土を株元に寄せて盛ること。根の活力を高めたり、根の露出を防ぐ。
つるぼけ
つるぼけ
つるが伸びたり葉が茂るばかりで、いっこうに蕾がつかない状態のこと。
定植
ていしょく
育苗ポットなどに仮植えした苗をある程度育てた時点で最終的に育てる場所に移植すること。
摘果
てきか
開花後、実がなり始めたら果実を肥大させるために余分な果実をつみ取ること。
摘心
てきしん
わき芽(腋芽)の伸長を促し、果実の生育をよくするために、芽先(生長点・頂芽)をつみ取ること。
天地返し
てんちがえし
冬に上層の土と下層の土をひっくり返し入れ替えること。病虫害の予防になる。
テントウムシ
ダマシ
てんとうむし
だまし
主にナス科の葉を食害する害虫のこと。
点まき
てんまき
一定の間隔をとって数粒のタネをまく方法のこと。
とう立ち
(抽苔)
とうだち
(ちゅうだい)
花茎の節間が急速に伸びて立ち上がること。
土耕
どこう
土で植物を栽培すること。
土壌
改良剤
どじょう
かいりょうざい
植物の生育に適した土にするために、人工的に土壌に施す物質のこと。
徒長
とちょう
茎や枝がひょろひょろと細長く伸びた状態のこと。
徒長枝
とちょうし
茎や枝からひょろひょろと長く伸びる枝のこと。(成長が早く、長く伸びる枝)
トンネル
とんねる
防寒・防霜・防虫・防鳥などの目的で、支柱を立ててトンネル状に寒冷紗やビニールフィルムをかけたもののこと。害虫の飛来を避けるには寒冷紗を利用する。


他の用語を探す
 ★あ行 | ★か行 | ★さ行 | ★た行 | ★な行 
 ★は行 | ★ま行 | ★や行 | ★ら行 | ★わ行 




 家庭菜園 コンさんが使っている菜園道具や用品はこれです!


 家庭菜園 ブログランキングに参加しています。
    ポチッとクリック投票お願いします♪
    あなたの一票が励みになってます。
    いつも応援ありがとうございます!!
    FC2BLOGランキング 人気blogランキング JRANKランキング にほんブログ村 花ブログへ

家庭菜園


家庭菜園
カテゴリー : 家庭菜園用語 | コメント(-) | Page Top↑
| トップページへ |
ブログランキング

ブログランキングに参加中
応援クリックをお願いします

FC2BLOGランキング 人気blogランキングにほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ

メニュー
プロフィール

コンさん

Author:コンさん
家庭菜園歴:9年

東京都新宿区のベランダで
少量多品目の野菜を栽培中

無農薬にこだわってます!

2012年7月
「美味安全野菜栽培士」の
資格を取得しました。

家庭菜園